ハイパール工法とは

ハイパール工法や外断熱は株式会社テスク

会社情報

Google
WWWを検索 サイト内を検索

ハイパール工法3つのメリット

3つのメリットで入居者満足度アップ。安定したマンション経営を実現。

テスク独自の技術を結集させたRC外断熱「ハイパール工法」なら、結露、カビの心配をなくした暖かい部屋。アレルギーが発生しない安全な部屋。火災や地震に強い家。騒音や生活音の少ない家。そんな入居者が快適に安心して住まうことのできる理想のマンション、入居者が満足できる差別化された賃貸マンションを実現することができます。

しかも、ハイパール工法は外断熱工法の大きな課題だった低コスト化にも成功。マンションの常識を変えた収支と資産価値を実現しました。

PH
メリット1【結露防止・省エネ 〜外壁が躯体を守り、壁面結露を防ぐ〜】

密着型通気工法をはじめとする独自技術を結集させた外断熱工法により、壁内結露や日射による熱応力から建物のコンクリート躯体の劣化を防止。また、外断熱工法の建物は外気温に左右されにくく安定した室内温度を保つため、冷暖房費を徹底的におさえる高い省エネ性能も発揮します。

詳しくはこちら

メリット2【経済的で高耐久 〜低ランニングコストを実現〜】

ハイパール工法は、不要な壁を減らし、外断熱複合パネルを利用することによりイニシャルコストを大幅に削減する工法です。さらに、高エネルギー効率による快適性、耐久性など長い目でみるコストパフォーマンスを考えた低ランニングコストを実現します。

詳しくはこちら

メリット3【心地よい室内環境 〜静かで快適な住環境を確保〜】

いくつもの住居が集まって暮らすマンションでは、音のプライバシーへの配慮も欠かせません。外部からの騒音や隣戸からの音を伝わりにくくするため、コンクリート壁と特殊耐火遮音間仕切りや外断熱複合パネルを組み合わせて静かで快適な居住環境を実現しています。もちろん上下階も床スラブ厚を200mmを確保し、大幅に遮断します。

詳しくはこちら